スチームクリーナー失敗談 > スチームクリーナーでゴムの清掃はできる?

スチームクリーナーでゴムの清掃はできる?

ゴム製品や合皮製品の汚れにはどんなものがある

汚れというものはどんな材質にも出てきます。ゴム製品でも汚れやカビなどは発生します。

風呂場の栓や洗面所の栓などいろんな場所でゴムが使われています。浴室の清掃をしていて、見逃しなのがゴムの栓とパッキンです。

掃除道具

浴室の清掃は隅から墨まで終わらせたつもりでも、栓の汚れ取りまで気が付かない時が多々あります。ゴム製品全般に言えることで、汚れやカビなどが発生した場合、水洗いだけで終わらせてしっかりと汚れを取らないで使い続けることはありませんか?

ゴムなので、そこまで洗わなくても大丈夫だと思っている人も多いのではないでしょうか。ただし、ゴムでも劣化は進みますし、年数とともに劣化して汚れやカビなどが発生します。

では、ゴム製品に汚れが発生した場合、何を使ってどのように除去できるのでしょうか。基本的に、浴室や洗面所で使われているゴム製品と言えばゴム栓やゴムパッキンがほとんどです。そんなゴム製品の汚れやカビを除去するために使える清掃道具としては、どんなものがあるのでしょうか。

ゴム製品や合皮製品の汚れを取る

ゴム製品の汚れやカビを落とす作業は、普段行っていません。掃除をするときにそこまで気を使わないのが一般的で、毎日洗うものではないというのもあります。

今回ゴム製品を使っている代表的な場所として、浴室の浴槽周りなどがあります。水漏れがしないようにするためにゴムパッキンを張ってから防水処理をします。他には配水管のフタにするためにゴム栓を使っています。

普段の掃除ではきれいにする必要はありませんが、年に1度くらいは清掃してキきれいにしておきたいと思うのではないでしょうか。そんな時に何を使って清掃すると、ゴム栓やゴムパッキンに付着した汚れや水あか、またはカビなどを取れるのでしょうか。

普段使っているよう浴槽を洗うための洗剤で洗ってみて取れない場合は、スチームクリーナーを使って高圧・高温洗浄をすることをおすすめします。

スチームクリーナーであれば、高温の温水を高圧力で噴射できるので、カビや酷い汚れを浮かせることができます。浮かせた汚れやカビを先端についているブラシでこするときれいに取れます。

高温の水蒸気を高圧力で噴射することで、汚れやカビを浮かせて取りやすくしてくれます。浮かんできた汚れやカビをブラシでこすったり、たわしなどで取り除くことができます。

使用時の注意点として、浴室のゴムパッキンの汚れを落とすときにスチームクリーナーを使うと、湯気で部屋中真っ白になり視界が悪くなります。汚れがどのくらい取れているのかがわからないので、換気をしながらスチームクリーナーを使用するようにしましょう。

そうすることで視界をさえぎらずにどこがどのくらい汚れが取れているのかを、確認しながら清掃できます。清掃できなければ意味がありません。

スチームクリーナーを使うときは水蒸気を噴射するので、周りが白く曇ることがあります。換気して白く曇らないようにしてから使うようにしましょう。あとは窓枠にゴムが使われていることがあります。

窓枠のゴムも劣化すると機密性が悪くなり、冷暖房の効きが悪くなる可能性もあります。そのためにも定期的なゴムの汚れ取りやカビ取りをすることで、常にきれいなゴムを保つようにすると機密性が損なわれず、冷暖房日の節約にもつながります。

この点はあまり気にしないで清掃すらしていない人が多いようですが、スチームクリーナーであればゴム製品でも清掃できて、きれいに汚れやカビを除去できるので便利です。

ゴム製品や合皮製品の汚れ取りにおすすめのスチームクリーナー

ゴム製品や合皮製品の汚れ取りには、スチームクリーナーを使うことをおすすめします。そのとき使うスチームクリーナーにはどれを使ったらいいかですが、浴室や洗面所など狭い場所の隅を清掃するような場合は、ハンディタイプが使いやすくて便利です。

ハンディタイプのスチームクリーーナーを使うことで、きれいにゴムの清掃をすることが出来てゴムの劣化を防ぐ役目もしてくれます。そのためにもスチームクリーナーは欠かせません。

水周りにできる黒かびは洗剤だけでは取りにくく、全部を取り除くことができない場合があります。その場合は、スチームクリーナーを使ってきれいに洗浄することで解決します。

ハンディタイプはコンパクトで操作しやすいのですが、汚れ落としで一番協力なのがキャニスタータイプのスチームクリーナーです。キャニスタータイプのスチームクリーナーがあれば、噴射能力が強力で高温の水蒸気を噴射してくれます。

メーカーは多種類あり、どこのメーカーでもタイプ別にみていくと価格と性能面では大差ありません。デザイン性で選んでもいいくらい、最近はスチームクリーナーの種類が豊富になっています。

メーカーごとに特長がありますが、どのメーカーのスチームクリナーを使っても価格差はさほどありません。自由に好きなスチームクリーナーを選んでから使えばいいだけです。