スチームクリーナー失敗談 > スチームクリーナー汚れの種類別清掃法

スチームクリーナー汚れの種類別清掃法

スチームクリーナーで除去できる汚れ

スチームクリーナーは、汚れや細菌の除去などいろんな場所に利用できます。

実際にスチームクリーナーを使った汚れ取りでは、スチームクリーナーの性能や使える場所に主眼を置いてから、どのスチームクリーナーを使えばいいのかを見極めている説明は多数紹介されています。

汚れたリビングルーム

汚れの種類や汚れの度合いよるスチームクリーナー選びができれば購入すべきクリーナーはどれなのかがはっきりとわかります。

汚れが取れなければ、いくら安いスチームクリーナーでも購入する価値がありませんし、汚れが取れるのであれば、多少価格が高くても購入する価値はあります。

そこで、今回は汚れの種類や度合いの面からスチームクリーナーで除去できるのかがまずは判断材料になります。

除去できるとなると、どのスチームクリーナーを使えば除去できるかを判断していきます。まずは除去できるかどうかやどのスチームクリーナーを選ぶかを汚れの種類と場所別に見ていきます。

それぞれの特徴とスチームクリーナーでの清掃方法

スチームクリーナーを使う使わないに関係なく、汚れ落としには汚れの場所と何によってできた汚れなのかを突き止めてることが重要です。スチームクリーナーでそれぞれの汚れを除去する方法について紹介していきます。

インスタントコーヒーを絨毯にこぼしてできたシミ

インスタントコーヒーをこぼして絨毯にシミをつけてしまった場合、どのようにしてその汚れを除去できるのでしょうか。スチームクリーナーを使って、コーヒーのシミを除去できるかどうかでいうと除去できます。

最初にこぼれたコーヒーのシミを取るために拭き取ります。拭き取っただけではシミは残るので、そこでスチームスキーマーを使ってから汚れを取ります。

スチームクリーナーを使う場合、ブラシ系のアタッチメントを取り付けて、その上に布などを被せます。被せたブラシをスチームクリーナーにつけてから高温の水蒸気を噴射していけば、コーヒーのシミを除去できます。除去したあとはにおいも一緒になくなります。

スチームクリーナーを使わなくても、1時間程度何度も拭き取り作業を行えばきれいに取り除くことができます。ただし、1時間という時間をちょっとしたコーヒーのしみ取りに使うのは現実的ではありません。そこでスチームクリーナーを使ってブラシで除去すると簡単に除去できます。

子供の落書き

子供の落書きはどこの家庭でもあります。子供は床や壁にこどもが落書きをするのは、当たり前にようにやってしまいます。

落書きが水生のマジックやボールペンなどであれば簡単に取れますが、油性のボールペンやマジックなどで書かれた落書きの場合はそう簡単には取れません。

スチームクリーナーを使えば、油性ペンなどで書かれた汚れはしっかりと除去できます。スチームクリーナーを使って油汚れにでもしっかりと除去できるので、油性ペンや油性ボールペンの汚れを取ることなど簡単です。

スチームクリーナーはできるだけ高圧で高温のものであれば、より短い時間で除去できます。

壁や床にできたカビ

夏場になると湿気が増えてきてカビが発生します。日光があたらないような場所では特にカビの発生が多くなり、床や壁にカビが発生します。

家の内部だけではなく、外部の日が当たらない場所ではよくカビが発生してしまいます。家の壁や床だけではなく外壁にも発生してしまいます。

高温の水蒸気をカビに噴射することで除去できます。カビの除去を行うときには一緒にカビの匂いも除去できるので、効果的な除去となります。

カビの発生箇所が壁の場合でも床の場合でも、関係なくスチームクリーナーを使えば完全に除去できます。

カビの度合いにもよりますが、パネルタイプ、ボイラータイプのどちらでも噴射する圧力と温度に関係なく除去できるので、どのタイプのスチームクリーナーを選んでも問題ありません。

汚れの除去はスチームクリーナーだけではない

汚れの種類による除去をどうするかは、このように汚れの原因によるもので大きく変わってきます。その中で、スチームクリーナーを使って除去するためにいろいろな方法があります。

汚れの除去だけではなく匂いまできれいに取りさるために最適なのが、スチームクリーナーを使って除去する方法で短時間で終わらせることができます。

そのためには、汚れの度合いをしっかりと考えて、最初に乾いた雑巾やキッチンペーパーなどで取り除けるものは取り除いておかなければいけません。

何でもスチームクリーナーを使って取るというのではなく、その他の除去方法と併用して取ることが大切です。そうすることで、普段取れそうな気がしない汚れでも取ることができます。

スチームクリーナーでこのようにいろんなタイプの汚れを除去できますが、よりきれいに取り除くには、事前準備も大切です。

どんな汚れでも取ることができるのがスチームクリーナーですが、使用できる性能が決まっているので、その性能以上の大きな汚れなどに関しては、家庭用スチームクリーナーでは取れないケースもあります。その場合は、業務用スチームクリーナーを使って除去できるケースもあります。