スチームクリーナー失敗談 > おすすめのスチーククリーナーの特長

おすすめのスチーククリーナーの特長

最初にスチームクリーナーを使う目的

そもそもスチームクリーナーの目的は、普段の掃除では取れないような場所の清掃をすることです。そんな清掃をスムーズに行ってくれるのがスチームクリーナーです。

スチームクリーナーを使えば、普段取れないような汚れを取ることもできますし、目に見えない菌も殺菌できます。できれば性能面でも優秀なスチームクリーナーを使いたいものです。

スチームクリーナーでトイレ掃除

スチームクリーナーを購入しようと考えていても、どのスチームクリーナーを購入すればいいのかがわからなければ購入できません。今回そんな購入するときのためになればいいので、おすすめのスチームクリーナーをいくつか紹介します。

おすすめのスチームクリーナー

今回おすすめのスチームクリーナーと言えば実際に使った人の体験談が一番です。そんなスチームクリーナーの体験を元に、どのタイプがいいのかを見ていきます。

そこで、今回のスチームクリーナーの種類の中でも評判がいいものを紹介します。価格、汎用性、威力、手入れのしやすさ、デザインの5つを見てから評価をしてみました。購入するときの目安になります。

スチームファーストの特長

スチームファーストを利用すると、5つの評価別にチェックしていきます。噴射時間が45分となっていて、付属品も多数揃っています。

デザイン面では一般的なキャニスタータイプで見た目よりも機能面と価格面を重視しています。これらの点を踏まえてみていくと、威力の面では最高によく出来ています。

価格はこのタイプにしてはリーズナブルで購入しやすい価格です。お手入れの面では、手入れしやすくなっていて、使った後の本体の掃除なども簡単に取り外しができて楽にできます。

収納するときの楽に倉庫や押入れなどに入れることができて、使わないときは収納しておきやすいスチームクリーナーです。

本体の価格も最初に様々な付属品も付いていて、主婦にはおすすめのスチームクリーナーではないでしょうか。広い場所の汚れ取りをするのに、スチームファーストはおすすめのクリーナーです。

ケルヒャースチームクリーナーの特長

ケルヒャースチームクリーナーも同じようにキャニスタータイプとなっていて、使いやすさと使える場所の面では最高のスチームクリーナーです。デザイン面に関しても非常によく出来ていて主婦にも人気のデザインとなっています。

威力の面ではキャニスタータイプなので十分な効果があります。お手入れの面でも十分に手入れがしやすくなっています。

スチームファーストと比べると若干不便ですが、スチームクリーナー全体で考えるとお手入れはしやすいほうです。ただ気になるのが価格面です。

価格はスチームクリーナーで考えると高額で、費用面で気になる人は割高感が感じられます。

その他の4つの項目を見るとよく出来たスチームクリーナーです。性能面では非常に優れていて汎用性もあるため、今回紹介しているスチームクリーナーの中では完成度の高いクリーナーではないでしょうか。

アイリスオオヤマの特長

アイリスオオヤマは5つの項目面で見ていくと、どれも標準以上の好評価で総合的に見ても使い勝手が良くて威力も十分に揃っています。

一番は価格面がリーズナブルなので買いやすいスチームクリーナーです。安い価格なのに、威力・汎用性は高く他の高額のスチームクリーナーと比べてもそん色ない機器です。

キャニスタータイプで連続噴射時間も35分となっていて、広い場所でも十分に対応可能です。性能面では、ほぼ標準値を上回っていていろんな場所の汚れ落としに役立ちます。

スイッチを押し続けなければいけないのが気になるところです。ただし、価格と汎用性を考えると使いやすいスチームクリーナーで使ってみる価値があります。

ジャックススチームクリーナーの特長

ジャックススチームクリーナーは、今回紹介する中では唯一ハンディタイプのスチームクリーナーです。このタイプのスチームクリーナーの場合は、コンパクトでお手入れもしやすくなっています。

ただしハンディタイプなので威力や汎用性はキャニスターに比べると劣ります。使うときの軽さと価格面では、消費者のことをよく考えたスチームクリーマーです。

また、付属品の種類の多さと使いやすさを考えると主婦が喜びそうなスチームクリーナーです。

スチームクリーナーの良さとは

おすすめのスチームクリーナーを紹介してきました。それぞれに良い点と悪い点を紹介してきましたが、全ての点においてよいという商品ははっきりいって無いのではないでしょうか。

評価するべき項目が全て標準以上か、どれかだけ、群を抜いて高いかに分かれます。その中で、今回紹介したスチームクリーナーの中で何を基準に選ぶかが重要で、目的としたスチームクリーナーを選ぶ目安にすることが出来ます。